横浜薬科大学

「個の医療」「予防医療」に貢献できる人材の育成を目指して

横浜薬科大学の紹介

これからの医療は“薬物治療の患者個別化”や疾病の治療以前にある“予防重視”の方向へシフトしていくと考えられています。また、医療現場の事故発生への危惧から“医薬品の適正使用”と“医療ミス防止”も重要視されており、その全てに薬剤師が大きな役割を担うこととなるのです。
「健康」、「漢方」、「臨床」の3つの学科を設けた薬学部では、それぞれの薬の本質と薬学の使命、医療人としての責任感と心がまえなどを学びます。健康薬学科はセルフメディケーションに寄与できる薬剤師を、漢方薬学科では西洋医薬と東洋医薬の知識を兼ね備えた薬剤師を、臨床薬学科では医療の最前線で活躍する薬剤師の育成に力を入れています。また、4年制「薬科学科」では幅広い生命科学関連領域で活躍する人材の育成を目指します。薬学・医学・工学を融合した「創薬研究」を行う本学科では、医薬品の創製、開発、生産、さらには健康食品、化粧品、環境や衛生分野などの薬学関連領域での教育・研究に従事する人材教育を目的としています。

横浜薬科大学

横浜薬科大学の特長

薬物治療の個別化を推進する薬剤師や研究者を育成
横浜薬科大学 の特長 1

近年、医療・薬学の分野では“薬物治療の個別化”が求められ、治療方法は患者との相互理解が必要不可欠とされています。専門知識はもちろん、心豊かな医療人を育成するため、患者の苦しみを理解できる“惻隠の心”と“心の温かさ”を育てるこころの教育を全学科で導入しています。

予防医療、東洋医療、西洋医療、創薬を学ぶ4学科
横浜薬科大学 の特長 2

薬学部に学科として健康・漢方・臨床・薬科の4つを設置しているのは本学だけです。予防から治療にいたるすべての段階をカバーする教育・研究体制を確立しており、個々の領域での高度な教育はもちろん、相互に密接な連携を行っています。

学力向上から資格取得まで強力なサポート体制
横浜薬科大学 の特長 3

薬学学習に欠かせない化学、生物、英語、数学を入学前に通信講座で強化。入学後の基礎学力テストで判明した弱点科目は夏季・後期の補習で補強。その他に夏季・冬季集中講座もあります。薬学教育センターにはインストラクターが常駐、どんな質問にも対応します。

学部・学科・コース

【薬学部】
■漢方薬学科(120名)
期間:6年
学費:40万円~235万円
※合格区分により異なります 

■臨床薬学科(160名)
期間:6年
学費:40万円~235万円
※合格区分により異なります

■健康薬学科(60名)
期間:6年
学費:40万円~235万円
※合格区分により異なります

■薬科学科(30名)
期間:4年
学費:90万円~195万円
※合格区分により異なります

目指せる職業

薬剤師※6年制学科
研究・技術者(製薬開発)
研究・技術者(食品系)
研究・技術者(バイオ)
医薬情報提供者(MR)
薬局経営者
麻薬取締官
学校教員
化学・化粧品系企業技術者
登録販売者・MR
中学校教諭(理科)※4年制学科
高等学校教諭(理科)※4年制学科

取得できる(目指せる)資格

薬剤師
登録販売者(医薬品)
食品衛生管理者
食品衛生監視員
作業環境測定士
弁理士
医薬部外品・化粧品・医療用具の製造所の責任技術者
大気第2種、水質第2種・3種公害防止管理者
毒物劇物取扱責任者
甲種危険物取扱者
麻薬管理者
労働衛生管理者
医療情報担当者
放射線取扱主任者
危険物取扱者
環境計量士
中学校教諭一種免許状
高等学校教諭一種免許状

卒業後の主な進路/進学先

2018~2020年度卒業生就職実績(抜粋)
【病院】
JA秋田厚生連
安曇野赤十字病院
いわき市立総合磐木共立病院
海老名総合病院
岡谷市民病院
神奈川県立病院機構
菊名記念病院
国立病院機構関東信越
聖マリアンナ医科大学病院
湘南鎌倉総合病院
東海大学医学部付属病院
東京都保健医療公社
名古屋大学医学部附属病院
IMS東戸塚記念病院
横浜総合病院
横浜市立市民病院
横須賀共済病院

【薬局】
アイセイ薬局
アインホールディングス
イオンリテール
ウエルシア薬局
クオール
クリエイトエス・ディー
サンドラッグ
スギ薬局
マツモトキヨシ
わかば

【企業】
IQVIAサービシーズジャパン
あすか製薬
小野薬品工業
シミックグループ
ジョンソン・エンド・ジョンソン
第一三共
バイエル薬品
藤本製薬(DM・統計)
ブリストル・マイヤーズスクイブ
ロート製薬(総合職)

【公務員】
東京都病院経営本部
川崎市
防衛相海上自衛隊薬剤官

寮・アパート情報

学生課では、指定学生寮、学生会館を含め各アパート資料の配付及び紹介をしています。
資料の請求は学生課(045-859-1325)までお願いします。

アクセス

学校名
横浜薬科大学
住所
〒245-0066
神奈川県横浜市戸塚区俣野町601
電話番号
045-859-1300
最寄り駅
JR「戸塚駅」よりバス20分
JR「大船駅」よりバス20分
小田急江ノ島線「湘南台駅」よりバス15分

いますぐ 横浜薬科大学 の資料を手に入れよう!

横浜薬科大学から資料が届きます。
横浜薬科大学の就職情報やオープンキャンパス、試験・学費・奨学金のことが分かるパンフレットです。

この学校を見た人にオススメの学校です